「エンジニア35歳定年説」という化石のような馬鹿げた考え

Uncategorized

今ほどITが世に浸透していない時代、

「システムエンジニアは35歳までしか働けない」

などと言われていました。

一方、今の時代はもうそんな事はないだろうと思います。

この言葉の意味や、今はそうでないと思う理由について投稿したいと思います。

35歳定年説は、悪しき昔の日本の風潮によるもの

以前の日本において、エンジニアの仕事現場というのは、今以上に過酷な状況でした。

残業や休日出勤が多過ぎてロクに寝れないとか、下請けで奴隷のように扱われるとか、今でいうブラック企業の現場が多かったという事です。

まだ当時は「ブラック企業」という言葉が無かったわけですが、それはつまり「そういった過酷な現場が当たり前」という事だったのでしょう。

当時は今以上に、下請け・多重請け構造が当たり前だったので、それによって平均的なエンジニアの職場環境が悪かったというのもあるのだと思います。

また、環境以前に、日本の職場は就職市場において若者を優遇するため、30代を超えると求人がないのも原因でしょう。

なんで若い人を優遇するかというと、薄給で長時間働いてくれるし世間知らずだから、という上層部の思惑ですね。

なので、この定年説というのはあくまで昔の日本で就職する場合、に過ぎません。

結論:35歳定年説というのは古臭く、視野が狭い考え

反面、今は日本においても職場環境は改善されつつあり、エンジニアのニーズも増えて所謂売り手市場のため、だいぶ良い時代になったのではと思います。

僕の周りでも、40歳超えていてもエンジニア、それも管理職ではなく現役でコーディングをしている方がいらっしゃいます

また、エンジニアの仕事・技術というのはありがたい事に全世界共通です。

極端な話、アメリカのシリコンバレーではエンジニアの年収が日本の何倍もあります。

そこを目指す事ができるのもエンジニアの良い所です。

リモートワークやフリーランスという選択肢によって場所を問わずに仕事が出来るのも強みです。

「日本で就職する」というのはあくまで選択肢の1つとして考えておいて、海外に出たり、フリーランスを目指したり、そのように視野を広げればよくわからない定年説に怯える必要はないと思います。

Uncategorized
userをフォローする
フリーランスエンジニアdesutoの部屋
タイトルとURLをコピーしました