【経験談】まこなり社長・テックキャンプ卒業生と一緒に仕事してました

YouTubeで色々な意味で話題の

マコなり社長、そして彼のdivという会社。

そこではテックキャンプという

プログラミングスクールを運営しています。

こういった、

テックキャンプのようなプログラミングスクールについて

「プログラミング勉強したいけど、テックキャンプに入っても大丈夫なのか?(=結果が出るのか?)」

というような質問をたまに聞かれますので、

現役エンジニアの目線から、そういったお話をしたいと思います。

実例:僕の周りのテックキャンプ卒業生は優秀だった

僕が以前フリーランスでお世話になっていたITベンチャー企業では、

テックキャンプ出身者が2名居ました。

divはテックキャンプ卒業生を

ITベンチャー企業等に売り込んでいるようで、

彼らもそのような流れでの入社でした。

つまり、

テックキャンプでプログラミングの基礎を学んだ実務未経験者

ということですが、

どちらもエンジニア業務や技術に対して意欲的で、

社内での業務もバリバリこなしている印象でした。

人柄的にも気さくで、

技術的な基礎を分かっていましたし

その後片方は更に専門的な技術知識を深めるため

AI系の会社に転職したようです。

そういうことで、

ネットで色々言われているテックキャンプですが

僕自身悪い印象はありませんでした。
(まぁ、批判されているのはコンテンツであるプログラミングスクール以外の部分のようですが…)

テックキャンプの良い所・メリット

これはテックキャンプに限らず、

テックアカデミー等でもそうですが

このようなスクールでは卒業後の就職斡旋(サポート)があります。

なので、

「勉強したあとに、就職・転職出来るか不安」

と思う人には良いかと思います。

(ただ、必ずしも自分が望む会社ばかりが

紹介されるわけではないので注意しましょう。)

また、予めコースごとにカリキュラムが定められていたり

相談役のメンターも居るので、

勉強方法が分からないという方でも、勉強を進め易いでしょう。

テックキャンプの悪い所・デメリット

最も大きなデメリットは

「お金が掛かる」

です。

テックキャンプは2021年8月時点で、

短期集中・オンラインプランだと

一括支払いで 657,800円(税込)

ですが、現職の方向けの夜間休日プランだと

877,800円(税込)

です。

上記はあくまで一括払いでの金額なので

分割払いだと更に金利で高くなります

オンラインではなく通学プランだと

更に高くなります。

プログラミングがカリキュラムに沿って学べて、

就職についてもアシストしてくれる

という事に、この金額の価値を見出せるか?

と自問しましょう。

専門学校に比べたら安いかもしれませんが

それもあくまで相対的に比べたら、の話です。

なお大学の場合は、学士の学位が貰えるという事もあるので

単純に比較出来ません。

(別の記事で書こうと思いますが、

日本だけでなく海外での就職等において

学位は割と重要だったりします)

ぶっちゃけ金額ほどの価値は感じない

今の時代、プログラミングは無料で勉強出来ますし

有料でもテックキャンプより安価なものも沢山あります。

なので、テックキャンプは金額面(特に分割払い)で

ちょっと高すぎるというのが正直な所感です。

また、いくら効率的な学習のカリキュラムが組まれていたり

メンターがいたり、

就職支援してくれるといっても、

自分自身がやる気なしでは

うまくいかないというのは言うまでもありません。

僕が使っている教材とオススメ勉強法

僕は勉強したい分野について、

Udemyを使っています。

Udemyに登録している講師たちが動画等で

ITをはじめとした色々な分野の勉強内容をアップしており

それらを自由に購入し見る事が出来ます。

これはアメリカ発祥の全世界で使われているサービスですので

信頼できますし、極端な高額商材もありませんので

その辺も安心です。

なので、

基本的には検索して勉強(無料)し、

もっと具体的・専門的に知りたいものについては

Udemyで勉強(有料)、といった感じです。

なおこんなこと言ったら怒られそうですが

オライリーの書籍などはほぼ買ってないです。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました